arms hair & make-up

ブログ

地毛結い日本髪 前撮りプランをもう一つ

地毛結い前撮りの様子をもう一つ。

120924_1.jpg

順を追って 解説します。

まず最初は メイクアップ

120924_7.jpg

今回のメイクは私花田がさせていただきました。
いつものごとく
素肌感重視の ナチュラルメイクですが
かなり しっかり 清楚に 美しく!!

120924_10.jpg

そして 結髪に入ります。
新婦さんの トモちゃん は長年担当させていただいているお客様
今回の為 髪は理想的な長さ 完璧です。
スムーズに髪が仕上がって

120924_11.jpg

着付
 
担当は うちの 田村 と 田村のお師匠さん
師匠をヘルプに・・・・
生意気ですが 安心感は最強。

そして 最終仕上げ

120924_12.jpg

飾りは勿論 本鼈甲 

丸1日かけての撮影ですから 時間はたっぷり

120924_5.jpg

120924_4.jpg

つのかくし、綿帽子 勿論どちらも。

カメラはおなじみスーパー・プロフェショナル エッシー
今回はうちのサロンで撮影です
ちょっとスペースが狭いのですが 
エッシーならば 大丈夫。

120924_16.jpg

そして スナップは 新郎新婦の友人  アンドレ・山崎氏

120924_15.jpg

彼の婚礼前撮りも 以前に私が担当させていただいたんですよ。

120924_3.jpg

続いて 色打掛に変更 

ちょっと休憩をはさんで
今度は振袖にお着替え。

120924_18.jpg

着物に合わせて 髪飾りを かえます。
新婦さんは 飾り、着物 色々変化が楽しめますが
新郎さんは ずっと一緒
なので この時間にちょっとアレンジ

120924_6.jpg

中々可愛く仕上がってんじゃないでしょうか。

って言っている間に 着付けが出来上がり
最後のスタイルで撮影。

120924_2.jpg


撮影が無事終了。

今回お手伝い頂いた 皆で記念撮影

120924_19.jpg

こんな感じの流れでさせていただいてます。
ご協力頂いた皆様 ありがとうございました。
そして トモちゃん ショウ君

お幸せに。

地毛結い日本髪 前撮りプラン

120827_1.jpg

私のお気に入りの 和装前撮り!!
結婚式当日。
フラストレーションの最も大きな要因
時間不足。
丸1日かけて じっくりと納得のいく 写真を撮りたい。
ということで 一例をご紹介。

ヘアメイクは サロンでさせていただきます。

120827_4.jpg

メイクはうちのマネージャーが担当

120827_5.jpg

その間に 私が新郎さまのスタイリング。
この後 着付けに入ります。

120827_6.jpg

そして 結髪

120827_7.jpg

かつら(半かつら)では不可能なこの襟足


120827_8.jpg

鬢の大きさも しっかり花嫁さんの雰囲気に合わせて

120827_9.jpg

髪がほぼ結い上がりました。

この時点で着付けに入ります。

着付けができあがり
車でスタジオに移動。

120827_10.jpg

スタジオにて 日本髪には不可欠な 簪 装着。
これも非常に重要なアイテムですね。
今回使用したのは アンティークの本鼈甲
非常にレアな簪です。


120827_11.jpg

これで完成です。



120827_12.jpg

120827_13.jpg

今回は 白無垢&色打掛

シャッターを切るのは おなじみ"エッシー"

120827_2.jpg

120827_3.jpg

このように美しく仕上がりました。
衣裳はおなじみの あゆみブライダル。

長時間になりましたが
かなり 良い作品が出来上がりました。
との 自己満足な仕事。
自分もしあわせ・・・・。
お二人もお幸せに!!

2012年8月4日 レストラン・ウエディング

何かと 日本髪 ばかりが先行しがちな今日この頃ですが
勿論、普通に洋風アップ やってます。メイクもそう。
ということで 8月のレストラン・ウエディングをされたお客様。Y様。

120804_1.jpg

写真でお解りの通り 襟足 短いです。
ご本人は 最初 髪が短いのでアップは無理でしょうから普通にブローで・・・ということでしたが
主役ですから、しかもドレス。
やりますよ 勿論。

120804_2.jpg

あの手、この手で。

くるくるアップはNGということで
シンプルに。

120804_3.jpg

120804_4.jpg


何とかなりますよ。
でも できれば もう少し長いほうがありがたいので
皆様よろしくお願いします・・・・。

はなだ

Facebook http://www.facebook.com/arms.hairmake

お元気ですか?
ブログ更新もすっかりご無沙汰の今日このごろです
といいますのも
フェイスブック なる非常に便利なものに
偏ってしまっています。
こちらの方ではもう少し詳しく
ご紹介・・・・・しないとね。

アームズ フェイスブック ページ
http://www.facebook.com/arms.hairmake

花田 フェイスブック ページ
http://www.facebook.com/keiichi.hanada 

アームズ フェイスブック ページ は是非「いいね」押してください
よろしくお願いします。

VOICE OF KYOTO academia vol-2

5月21日(月) VOICE OF KYOTO academia に講師として参加してきました。
私の知人の中でも非常に 知識レベル、人間力、共にハイクラスの 実に"興味深い男性"
宮下氏が主催ということで 最初から興味があったわけで。
基本的にサロン拘束時間の長い私は この手の 会 に参加することが非常に困難で
今回は私の都合に合わせていただいて感謝です。
私の立場は「講師」ですが、通常の 先生と生徒 の関係ではなく
オーディエンスの方々は 厳選されたその道のプロ。
建築デザイナー、テキスタイル・デザイナー、染色家、etc,
業種は様々ですが 一線で活躍されている方々です。
私はヘア・デザイナー、そして結髪師 として 過去の事例やこれからの取り組みなどについて
語っていくわけです。
そして共に考える。
和装関連など、特に伝統技術を要する仕事の場合
共通の問題等も数多く 色々と収穫を得ることのできた一日でした。
私のような 結果的に「伝統技術の継承」などという
非常に大きな課題、大きすぎる得体のしれないものを背負ってしまった者に
色々ヒントを 与えてくれます。
この出会いを大切に、そしてこれからも・・・・頑張ろー。

2012VoKA_1.jpg
                                      撮影:宮下氏、林氏

Page Top